2015年03月10日

【加藤】前回と言っても大分以前ですが、この研究室にお伺いした時に、レジリエンスという言葉をうかがって、そこで思い出したのが児玉龍彦さんの取材で、災害後のイノベーションをクライシス・レスポンスという言葉で考えたんですね。負荷を背負ってしまった反動として、イノベーションが生み出されて、それは平素世の中が動いている中で生まれ得ないもので、それはある意味、学習が活かされている部分もあるし、それは今まで他でニーズが見つかっていなかった技術のニーズが見つけられる、というような文脈もあって、そういうこともあって、今回レジリエンスのお話をもう一度うかがいたいと思って、うかがっているんですよね。

【丸山】なるほど。実はそのイノベーションという考え方は、むしろエコロジーの世界にあった考えで、森林の生態系は段々繁栄して主要な樹や生物が生えて、それがドミナントになって、その領域全体を同じような生態系が占めて、その人たちが繁栄するわけですよね。ただそれは安定した繁栄をするのだけれども、お互いに依存関係を持った生態系なわけです。それが何かの拍子、例えば火事が起きるとか、何かのウイルスが流行るとかで、どこかの岐路で狂うと、一斉にその複雑になりすぎた生態系が崩れるわけです。それで一気にシステムが破壊されるということが起きます。でもそういう繁栄していた種がいなくなると、そこには無限の可能性がある領域が残るわけです。そこで色々な新しい種が起こる、それがイノベーションなんです。その中で競争があって、生き残ったものが段々繁栄する、そういうサイクルが回るというのが、生態系におけるレジリエンスの考え方です。

【加藤】そういうことで考えると、ある意味、被害というのは織り込み済みで考えないといけないこともあるということですかね。

【丸山】そうでしょうね。たまには大きな災害が来て、また一から始めるとよりよいものができていくということじゃないですか、ということだと思います。

【加藤】ただ、被害を最小限にしつつ、でも失ったものをちゃんとリカバリーできるようにするには、きちんとイノベーションが行われて、「よりよく」なっていかないといけないということですよね。

【丸山】そうですね。ただ、そこにはすごく難しい哲学的な問題があって、レジリエンス、このシステムはレジリエントです、と言った時に、何が残ってればレジリエントだって言えるんですか?ということがあります。例えば東北はある意味レジリエントだったと言えるのかもしれないですね。だって今でも東北の人たちというのは社会を持って生き残ってますし、どれくらい繁栄しているかということはわからないけれども、全く焼け野原になったわけではないですよね。ただし、亡くなった方や、家族を亡くされた方にとって見れば、それはレジリエントじゃなかった、とも言えるわけです。だから、誰にとってレジリエントだったか、ということを考えないといけないと思います。

【加藤】そういう意味で言うと、先ほど丸山さんに僕がご質問いただいたのは、どれくらいのスパンでシステムを見るか、というお話だったと思うのですが、サイズ感というか、どれくらいのエリアでシステムのレジリエンスを見るかという議論もあるのかなと思いました。

【丸山】そうですね。私たちは「粒度」と呼んでいますけど、どれくらいの粒、人一人のレベルで考えてみれば、亡くなった人のことを考えればレジリエントとは到底言えない。でも日本とか東北地方とかそういうレベルで考えると、生き残ってるというふうに言えます。人類が滅びて、他の生物が生き残って、それをレジリエントと言うか、そういう粒度もあります。

【加藤】先ほどの哲学的なお話、ということになりますね。今のお話って現実問題においてはすごく大事だと思っていて、例えば日本全体を考えるという話と、東北の一つの市町村を考えるという話は、両方のシステムズ・レジリエンスの話があって、どっちが大事だという話ではないけれども、サイズ感が全く違う、粒度が全く違うわけじゃないですか。

ある意味、こちらでやられてることって「システムズ・レジリエンスにおける基礎研究」というような位置づけかと思っているのですけど、その時に割と大きなシステムに対してどういう働きかけをしていくのかというのはイメージがわきやすいと思うのですが、このユレッジというサイトでも、石巻の現場でボランティアのコーディネートをしていた方のインタビューとか、まちづくりをこれからどうやってやっていくかというような話を書いてくださった方もいるんですけど、そういう小さな現場に今研究されてるシステムズ・レジリエンスのメソッドを渡そうと思うと、どういう渡し方ができるのかなと思いまして。

【丸山】なるほど。そこまでは私たちまだ手が回っていないんだと思うのですが、先ほどレジリエンス・サイクルの考え方とか、僕らタクソノミーというのを作っていて、どういう擾乱について考えるのか、擾乱も地震のように急激に来るものと、温暖化とか少子高齢化みたいにものすごく時間をかけてやって来るものもあるんですね。自然災害のように意図を持ってないものと、テロとかサイバーアタックのように弱いところを狙ってくるもの、それによっても全然守り方違いますよね。どういう脅威に対してレジリエンスを考えますかというというのがまずは大きな軸なんです。

それから今度は守る側のシステムのタイプとして、守る側のシステムにどれくらい人の知恵を入れることができますかという軸があります。コンピューター・システムみたいなものは自動で回るところが結構ありますし、生物のようなものはある意味自動ですよね。自治体とかそういうようなものは人の知恵で回っていく。その中には粒度の話を先ほどしましたが、個人のレベルで考えるのか、グループのレベルで考えるのか、コミュニティのレベルで考えるのか、国のレベルで考えるのか、というような粒度があります。

それから3つ目の軸が先ほどのサイクルの軸です。

加えて、レジリエンス自体を3つに分けて考えています。元の姿にきちんと戻るというのがエンジニアリング・レジリエンス。イメージとしては壊れた部品は新しい部品で元通りに取り替えます、ということです。

もう一つがファンクショナル・レジリエンスと言っていて、元の姿でなくても良いから、同じ機能のものに戻りましょうというものです。例えばトヨタのサプライチェーンがなくなった時に同じ機能の部品を提供してくれる別のサプライヤーを持ってくる、それがファンクショナル・レジリエンスです。

最後がアダプティブ・レジリエンスで、そもそも機能的に戻らなくても良いので、別の機能のものに、新しい姿に生まれ変わるということ。それがイノベーションの話だと思うのですけど、戦争に負けて大日本帝国憲法というシステムが基本的な部分は消えてなくなって、全く別な民主的な国家が現れた、というようなことはアダプティブなレジリエンスだったのかなというように考えているんですね。

レジリエンスの分類

そういうようなレジリエンスを考える時の色々な軸があります。ですから、私たちは、どういう脅威に備えるんですか?、どういう単位でレジリエンスを考えるんですか?、そのレジリエンスを実現するためにサイクルのどこに手を打つんですか?、何か大きな擾乱の時に元の姿に戻りたいんですか?それとも新しい姿にしたいんですか?、という4つの軸でレジリエンスを考えましょう、というお話をしています。

【加藤】ではその4つのマトリックスでシステムを考える時に、必ずしもゼロベースではなくて、今、例えばこの4年くらいで現場の人達が考えて来たことの評価ということもできるんでしょうか。

【丸山】そうですね。やっておられることというのは、この4つの軸のどれかにはまるわけですよね。そうすると、でも待てよ、このサイクルの中で、今やっていることはここだけれども、別のフェイズでもできることはないですか?ということを考える際のヒントになるんじゃないかと思います。

【加藤】足りないところが見えてくるという。

【丸山】そうですね。あるいは今見ているのは地震だけだけど、パンデミックが来た場合にはどうするんですか?というようなことを考える材料にもなると思います。

【加藤】今日、僕自身もどういうお話になるか想定できずにうかがってしまったんですけれど、とても勉強になるお話をうかがえてとても良かったと思っています。ありがとうございました。

関連記事

長谷部 雅一(はせべまさかず) / Be-Nature School スタッフ / 有限会社ビーネイチャー取締役 / アウトドアプロデューサー / ネイチャーインタープリター

誰しもが一度は「アウトドアって防災に役立つのでは?」と考えたことあるのではないでしょうか。アウトドアプロデューサー、ネイチャーインタープリターの長谷部 雅一さんにうかがったお話は、アウトドアの経験が防災に役立つ、という話 […]

詳細を読む

渡部 慶太 / (特活)石巻復興支援ネットワーク 理事

「復興は進んでいますか?」そういう質問をたまに耳にすることがあります。石巻復興支援ネットワーク 理事の渡部 慶太さんに寄稿いただきました。2011年以前と以降で東日本大震災は社会起業と呼ばれていた世界にどう影響を及ぼした […]

詳細を読む

高橋 憲一 / Hack For Japan スタッフ / イトナブ理事

震災から3年余りを過ぎて、ITと防災の分野で、ここまで行われてきたことを振り返って俯瞰し、これからの取り組みの見通しが効くようにしたい、それがHack for Japanの高橋憲一さんへのお願いでした。テクノロジーの未来 […]

詳細を読む

鈴木 さち / 東北大学大学院工学研究科都市・建築学専攻博士課程後期1年 / RAW

東北大学大学院工学研究科都市・建築学専攻博士課程後期1年の鈴木さちさんにRAW(リスク&アーキテクチャー・ワークショップ) 石巻をレポートいただきました。イベント・レポートのみならず、そこに至るまでの経緯も含めて、丁寧に […]

詳細を読む

野田 祐機 / 公益社団法人助けあいジャパン 代表理事

公益社団法人助けあいジャパン 代表理事の野田 祐機さんに寄稿いただきました。全国47都道府県から2,000人もの学生を東北へ連れて行く「きっかけバス」。復興や防災を自分ごとにするための助けあいジャパンのプロジェクトです。 […]

詳細を読む

ユレッジからのお知らせお知らせ一覧へ

今、読まれている記事

丸山 宏 / 統計数理研究所副所長・教授

「レジリエンス」。自己回復力などとも訳されます。このことはこの1年のユレッジのサブテーマでもありました。1年以上前にこの言葉を最初に僕に教えてくださったのが、統計数理研究所副所長・教授の丸山宏さんでした。2015年3月1 […]

詳細を読む

長谷部 雅一(はせべまさかず) / Be-Nature School スタッフ / 有限会社ビーネイチャー取締役 / アウトドアプロデューサー / ネイチャーインタープリター

誰しもが一度は「アウトドアって防災に役立つのでは?」と考えたことあるのではないでしょうか。アウトドアプロデューサー、ネイチャーインタープリターの長谷部 雅一さんにうかがったお話は、アウトドアの経験が防災に役立つ、という話 […]

詳細を読む

渡部 慶太 / (特活)石巻復興支援ネットワーク 理事

「復興は進んでいますか?」そういう質問をたまに耳にすることがあります。石巻復興支援ネットワーク 理事の渡部 慶太さんに寄稿いただきました。2011年以前と以降で東日本大震災は社会起業と呼ばれていた世界にどう影響を及ぼした […]

詳細を読む

江口 晋太朗 / 編集者 / ジャーナリスト / NPO法人スタンバイ理事

今日、防災について考えるにあたって、欠かすことのできないものが「情報」です。編集者、ジャーナリストでNPO法人スタンバイ理事でもある江口晋太朗さんに、防災とジャーナリズムについて改めてお話をいただきたい、というのが今回の […]

詳細を読む

小島 希世子 / 株式会社えと菜園 代表取締役 / NPO農スクール 代表

ユレッジでまだ食べることと防災のことについて扱っていないという時に、ご相談することにしたのがえと菜園代表取締役、NPO農スクール代表の小島希世子さんでした。著書『ホームレス農園: 命をつなぐ「農」を作る! 若き女性起業家 […]

詳細を読む

嶋田 洋平 / らいおん建築事務所 代表 / 北九州家守舎代表取締役 / 建築家

私たちは、自分の街のことをどのくらい知っているでしょう?家と駅とコンビニを結ぶ導線以外の道を通ったことはありますか?駅とは反対側の道を歩くとどんな景色が広がっているのか知っていますか?そして、災害が起きた時、またもう一度 […]

詳細を読む

松下 弓月 / 僧侶

僧侶の松下弓月さんに寄稿いただきました。ユレッジで、防災と心のケアについて、という難しいお願いに辛抱強く取り組んでいただきました。防災における仏教の役割を、現実的な解として、提示いただけたと思います。 こんにちは。僧侶の […]

詳細を読む

高橋 憲一 / Hack For Japan スタッフ / イトナブ理事

震災から3年余りを過ぎて、ITと防災の分野で、ここまで行われてきたことを振り返って俯瞰し、これからの取り組みの見通しが効くようにしたい、それがHack for Japanの高橋憲一さんへのお願いでした。テクノロジーの未来 […]

詳細を読む

鈴木 さち / 東北大学大学院工学研究科都市・建築学専攻博士課程後期1年 / RAW

東北大学大学院工学研究科都市・建築学専攻博士課程後期1年の鈴木さちさんにRAW(リスク&アーキテクチャー・ワークショップ) 石巻をレポートいただきました。イベント・レポートのみならず、そこに至るまでの経緯も含めて、丁寧に […]

詳細を読む

北村 孝之 / NPO法人ボランティアインフォ 代表

災害ボランティアセンターをご存知でしょうか。ボランティア希望者とボランティア団体をつなぐ、NPO法人ボランティアインフォの北村 孝之さんにユレッジでインタビューしました。災害時、災害後、求められる中間支援がボランティアの […]

詳細を読む

畠山 千春 / 暮らしかた冒険家

2011年3月11日の東日本大震災、その後の原発事故。誰しも、とは言いませんが、一瞬「今、住んでいる場所を離れる」ことを考えた人は多いのではないでしょうか。ユレッジでは糸島シェアハウスに住む、暮らしかた冒険家、畠山千春さ […]

詳細を読む

野田 祐機 / 公益社団法人助けあいジャパン 代表理事

公益社団法人助けあいジャパン 代表理事の野田 祐機さんに寄稿いただきました。全国47都道府県から2,000人もの学生を東北へ連れて行く「きっかけバス」。復興や防災を自分ごとにするための助けあいジャパンのプロジェクトです。 […]

詳細を読む

児玉 龍彦 / 東京大学アイソトープ総合センターセンター長 / 東京大学先端科学技術研究センター教授

東京大学アイソトープ総合センターセンター長 / 東京大学先端科学技術研究センター教授の児玉龍彦さんに、ユレッジでインタビューして来ました。近著、『放射能は取り除ける 本当に役立つ除染の科学』の内容を踏まえ、南相馬市を中心 […]

詳細を読む

小泉瑛一 / 株式会社オンデザインパートナーズ / 一般社団法人ISHINOMAKI 2.0 理事

株式会社オンデザインパートナーズ、一般社団法人ISHINOMAKI 2.0理事の小泉瑛一さんは、震災直後から東日本大震災の被災地、宮城県石巻市に入り、ほぼ常駐に近い形で、現地の方々をはじめとした様々な方々と一緒になってま […]

詳細を読む

鈴木 良介 / 株式会社野村総合研究所 ICT・メディア産業コンサルティング部所属

株式会社野村総合研究所ICT・メディア産業コンサルティング部の鈴木良介さんに寄稿いただきました。鈴木さんは『ビッグデータビジネスの時代 堅実にイノベーションを生み出すポスト・クラウドの戦略』のほか、ビッグデータに関する執 […]

詳細を読む

三橋 ゆか里 / ライター・記者

ライターの三橋ゆか里さんは、日本のみならず、海外のWEBサービス、アプリ、スタートアップ事情にも精通しており、様々なメディアに執筆されています。ユレッジではテクノロジー企業やスタートアップが、災害時、また、防災に、どのよ […]

詳細を読む

2013年06月19日更新

「その時Webが出来ること」

和田 裕介 / 株式会社ワディット代表取締役 / 株式会社オモロキCTO

和田裕介さんは、人気サイト「ボケて」を初めとした、様々なWebサービスを手がけるエンジニアです。和田さんには震災を受けて、自身が開発したWebサービスを振り返りながら、自分自身の経験と、これからWebサービスが防災に果た […]

詳細を読む

渡邊 享子 / 日本学術振興会特別研究員 / ISHINOMAKI2.0

渡邉享子さんは、研究者でありながら、東日本大震災以降、ISHINOMAKI2.0のメンバーとして、石巻に居住しながら実践的なまちづくりに取り組んでおられます。その石巻での活動を踏まえ、社会(コミュニティ)と環境のデザイン […]

詳細を読む

松村 太郎 / ジャーナリスト、著者

ジャーナリストの松村 太郎さんは、現在、アメリカ西海岸を中心に活躍されています。ユレッジには今年3月、被災地を取材したことを下地に、震災の記録と記憶の情報化について、またそこにある「学び」についての示唆をいただきました。 […]

詳細を読む

児玉 哲彦 / フリービット株式会社 戦略デザインセンター デザイナー

フリービット株式会社 戦略デザインセンター デザイナーの児玉 哲彦さんは、自社において、製品開発やブランド醸成、プロジェクトマネージメントなど様々な領域で、デザインをどう実際のアクション・プランに落とし込んでいくか、デザ […]

詳細を読む

2013年04月09日更新

「ユレッジとは?」

加藤 康祐 / 株式会社イーティー 代表取締役社長 / プランナー

ユレッジは、日本の「揺れやすさ」と地震防災を考えるサイトです。 ユレッジは: 揺れの「ナレッジ」(知)が集まるメディアであり、 揺れについて学ぶ「カレッジ」(学び)であり、 揺れと日々の暮らしの関わりを考える「ビレッジ」 […]

詳細を読む

防災に関わる私が『想像ラジオ』を無視できない3つの理由 あじー なぜいま、災害作品レビューを書くのか 東北地方太平洋沖地震の発生から5年が経ちました。私たちは震災を契機に地震や災害とどう向き合うべきなのか?いまだ確実な答 […]

詳細を読む

アイデアの実現可能性、そして、ハッカソンという方法論によるそのアイデアの実現可能性、それらが地震防災にどう役立つのか。ユレッジではアイデアソンに続き行われた「Race for Resilience」のハッカソンを、スター […]

詳細を読む

第3回:Blabo! × ユレッジ コラボ企画 世界一地震が起こる日本を、世界一被害が生まれない国にするための防災アイデアレビュー 【A】前回ご紹介したJ-SHIS Mapで断層情報が見れる件、関西在住のお友達に教えてあ […]

詳細を読む

'