地震大国・日本に住みながら、地震のことについて知らない人って実は多くない? そのひとり、文系女子・J子と一緒に、地震のメカニズムや今後起こりうる地震への備え方について一緒に学び、考えていきましょう!

icon_aA:独立行政法人防災科学技術研究所勤務の30代地震マニア男子。ニックネームは「アジー」。

icon_jJ子:静岡県出身、都内荒川区在住の20代文系OL。ひょんなきっかけでアジーと出会い、地震について学ぶことに。ミーハーで情報に流されやすいのがたまに傷。

第1回:防災のための基礎情報をスマフォアプリでGET!

【A】東北地方太平洋沖地震から2年が経ちましたね。震災を経験して、日常生活でなにか変わったことはありますか?

【J子】防災グッズや保存食を家に常備したくらいでしょうか……。震災後、「一人は怖いので結婚したい!」と婚活を頑張ってた時期もあるけど、最近はその熱も冷めてきた感じで。でも、「今後30年以内にマグニチュード7クラスの地震が、首都圏で発生する確率は約70%」というニュースもあったし、そういうのを耳にすると、もう漠然と不安でしかたがなくて。

【A】漠然と不安な気持ち、わかります……。でも、東北地方太平洋沖地震が発生した今だからこそ、私たちは日本の地震についてもっと知り、対策をしなければなりません!

【J子】対策って言われてもねえ……。

【A】J子さん、地震についてそもそも地震ってなんで起こるか知ってます?

【J子】ええと。地球のなんかが動いてるんでしたっけ。

【A】はい。地球は10数枚のプレートでおおわれていて、日本周辺には「北アメリカプレート」「ユーラシアプレート」「フィリピン海プレート」「太平洋プレート」の4つのプレートが存在します。

01_yomikonashi_illust

防災基礎講座「自然災害について学ぼう」より抜粋して掲載
http://dil.bosai.go.jp/workshop/01kouza_kiso/jishin/f2.htm

【A】今回の東北地方太平洋沖地震は「プレート境界地震(海溝型地震)」と呼ばれています。「北アメリカプレート(陸のプレート)」の下に「太平洋プレート(海のプレート)」が1年に10cmずつもぐりこんでいくときに、陸のプレートも少しずつ引きずり込まれていて、弓の弦をひくようにプレートはしなってひずみをためていました。このひずみが限界に達し、耐えられなくなり、陸のプレートが元にもどろうと跳ね上がったことで起きた地震なんです。今回の地震で、日本列島が東へ最大5.3メートルも動いて、結果的に東日本がわずかに幅広くなったことがわかっているんですよ。

【J子】へー! そうなんですね。でもそもそも、あんな大きな地震が起きる前兆とかってあったんじゃないですか? こんなに科学技術が進歩しているのに、わからなかったのがなんか不思議。

【A】 記録では、2011年3月9日と10日にマグニチュード6〜7クラスの地震が1回ずつ発生していました。本震が起きた後だからこそ、これらの地震が「前震」だったのではないかと言えるのですが、地震多発地帯で起きる地震が、巨大な地震の前兆なのか、単発の地震なのかを判断するのはとてもむずかしいんです。過去の巨大地震でも、前震を伴わずにいきなり発生する場合が圧倒的に多いんですよ。台風と同じで、地震も、いつ、どこで起こるのかは誰もまだ正確に予測できないんです。

【J子】へー。まだまだわからないことが多いんですね。じゃあ、なおさら私たちはどうやって備えたらいいの?やっぱり、漠然と不安に思いながら暮らしていかなければならないのでは?

【A】J子さんの不安の原因をもう少し細かく分析してみましょうか。もし、巨大地震が起こったときに、普段生活している場所やオフィス周辺がどれくらい揺れる恐れがあるのかがわかれば、例えば小さなことですが「避難経路を確認しておく」、「家具の配置を変えてみる」、あるいは「より安全な場所に引っ越す」など具体的に対策ができますよね?

【J子】そうですね……。でもそんなの分かるんですか?

【A】いいものがあるんですよ(キラリ)。J子さんはスマフォユーザーですよね?であれば、「J-SHIS」という無料アプリをダウンロードしてみてください。

2_jshis_1441
ダウンロードはこちらから>>

3_IMG_0608

このアプリでは、
「指定した地点で30年間に震度5弱以上の揺れに見舞われる確率」
「表層地盤増幅率(※1)」のほか、
現在わかっている「主要活断層帯」の位置や形状を日本地図に重ねて表示させたり、
震源断層の地震活動モデル(平均ケース)を表示することができるんです。

4_IMG_0606

これは「30年間に震度5弱以上の揺れに見舞われる確率」を表示しています。
日本列島の地図上に表示されている赤い帯が、主要活断層帯です。

【J子】ええ!日本にはこんなに活断層があるんですか?

【A】はい。でもこれでも存在する活断層帯の半分くらいしかわかっていないと言われています。活断層がないところが「安全」というわけではないんですよ。
次に具体的案例として、東京スカイツリーのある地点で「30年間に震度6弱以上の揺れに見舞われる確率」を見てみましょう。左上の虫眼鏡マークで、「東京スカイツリー」と入力してみてください。

5_IMG_0609 6_IMG_0610

【J子】えーと。エンジ色だから、確率は「26〜100%」になってますね。かなり数値の範囲が幅広くなってますが、これって結構高い確率と思った方がよいのでしょうか?

【A】下のイラストは、ほかの危険の確率と比較したものです。ちなみに、今後30年以内に東海地震が起こる確率は88%と言われているんですよ。

01_yomikonashi_illust_01

【J子】ええ!めっちゃ、高いじゃないですか!

【A】「発生確率」や「リスク」と同列に比較できるものではありませんが、日常生活において無視出来るほど小さな値ではないことがわかるでしょう(興味のある方は、詳しくはこちら
さらに、地図上の赤枠をダブルクリックすると、その地点情報を見ることもできるんですよ。

【J子】いろんな情報がわかるんですね。それにしてもこのマップはインパクト大ですね。震度5弱以上の揺れにしたら、日本列島の半分以上がエンジ色に! ひぇ〜。

【A】今見ていただいものは、地震ハザード情報のごくごく一部です。「地震はいつか起こると想定し、その時に向けて心構えをしておくことが大切ということを理解していただけました? 次回は、J-SHIS MapをWebブラウザから使ってみて、より具体的なハザード情報の読み方をお伝えしていきますので覚悟していてくださいね。

【J子】話についていけるか不安ですが、が、がんばります!

※1
表層地盤増幅率:
地表面近くに堆積した地層(表層地盤)の地震時の揺れの大きさを数値化したもので、地震に対する地盤の弱さを示す。数値が大きいほど地盤は弱く揺れは大きくなり、1.5以上の場合は注意が必要。

地震の種類って?

地震には、一般的にプレート境界型(海溝型)と直下型(断層型)に大きく分けられます。プレート境界型は上記で説明した通りですが、直下型地震は、プレートがほかのプレートから力を受け、プレート内にある「活断層」がずれ動くことによって発生する地震で、兵庫県南部地震(阪神・淡路大震災)や新潟県中越地震が該当します。直下型地震には、マグニチュード9クラスの超巨大地震の発生例はないのですが、陸の真下で発生し、地上で大きな揺れと被害が生じるため、境界型と同様に注意が必要と言われています。

<参考文献>
国土交通省国土地理院「GPS連続観測から得られた電子基準点の地殻変動」
J-SHIS 地震ハザードステーション
・Newton別冊 『「次」にひかえる M9超巨大地震』

関連記事