地震大国・日本に住みながら、地震のことについて知らない人って実は多くない? そのひとり、文系女子・J子と一緒に、地震のメカニズムや今後起こりうる地震への備え方について一緒に学び、考えていきましょう!

icon_aA:独立行政法人防災科学技術研究所勤務の30代地震マニア男子。ニックネームは「アジー」。

icon_jJ子:静岡県出身、都内荒川区在住の20代文系OL。ひょんなきっかけでアジーと出会い、地震について学ぶことに。ミーハーで情報に流されやすいのがたまに傷。

【J子】最近、友だちのS子が八王子に引っ越しまして。聞くと、J-SHISを見て地盤がいいからってそこに決めたみたいなんです。「どんな地震が来ても揺れにくい場所だから安心〜♪」って言ってました。

【A】J-SHISを使いこなしていただいているなんてうれしいですね。このコラムの効果かもしれませんね(笑)。

【J子】前回紹介したハザードカルテで自分の家の地盤情報をチェックしましたが、私の住んでいるところは、結構揺れやすい場所みたいで……(涙)。

【A】J子さんは荒川区にお住まいでしたよね。(J-SHIS Mapで荒川区の地盤情報を開きながら)。あー、なるほど。確かに、ここは揺れにくい地盤とはいえませんねえ。

【J子】やっぱり……(涙)。そもそも地盤ってなんなんですか?なんとなくはわかってる気になってるんですけど、地盤と揺れってどう関係してるんですか? 改めて教えて欲しいです。

【A】いい質問ですね。それでは今回は、「地盤」について学んでいきましょう。

ちょっと余談ですが、三省堂の「大辞林」で「地盤」を調べてみると、「地殻の表層部、地表からある深さまでの土層または地層」とありました。なんだか曖昧ですよね。。

【J子】確かに。

【A】地盤は、できた時代や硬さで「○○層」などと分類されることもあるのですが、実は、「地表から○メートルまでが地盤です」といった明確な定義はないみたいなんですよ。

【J子】へー、そうなんですね。

【A】J-SHISで地盤を考える際には、「工学的基盤」という考え方を取り入れています。これは、建築や土木等の工学分野で使われる用語ですが、構造物を設計するときに、地震動設定の基礎として参考にする良好な地盤のことをいいます。

J-SHISの「確率論的地震動予測地図」では、地震のS波が伝わる速度が400m/sの地盤を工学的基盤として、工学的基盤から地表に至る最大速度の増幅率「地盤増幅率」を調べることができます。

【J子】「やわらかい」地盤では増幅率が大きくて、「かたい」地盤では増幅率が小さいということですか?

【A】はい。とくに、地盤がやわらかいと揺れが増幅しやすく、地中の水が噴き出したり家が傾いたりする液状化現象が起きることもあります。

【J子】3.11のときの、千葉県浦安市近郊の液状化現象を思い出しますね。

【A】まさにその通り。「地盤増幅率」が1.6以上になると地盤が弱いことを指しています。

【J子】わわ! 荒川区は2.38になってますけど。

【A】NIEDの研究グループが実施した2012年の調査結果によると、日本では「地盤増幅率」が2.0以上(特に揺れやすい)の地域に約2200万人、2.0未満~1.6以上(揺れやすい)の地域に約1700万人が暮らしていることがわかったんです。(参考記事:揺れやすい地盤(朝日新聞デジタル)

vol5_1
【J子】 ええ! それって、日本の全人口の半分くらいが、結構揺れやすいところに住んでるってことじゃないですか。

 

【A】そうなんですよ。衝撃ですよね。

そして、揺れやすさというのは、地盤を構成する物質によっても大きく影響をうけます。地層は非常に細かい粘土から、数cmの大きさのある“れき”で、いろいろな大きさの粒からなっています。こうした地盤の構成要素は、「微地形区分」で調べることができます。

●J-SHISで調べられる「微地形区分」

vol5_2

J-SHISの微地形区分では、地盤を上記の24種類に分類して表示される。詳細はこちらから確認できます(「全国を網羅した地形・地盤分類250mメッシュマップの構築」)

【A】J-SHISでは、全国を250m四方に区切った600万メッシュそれぞれについて、どんな物質で構成されているのかを見ることができます。このデータは、研究者が膨大な時間をかけて、手作業で地形を読み取ったりしながら作成されたものなんですよ。

【J子】ええー!すごい!手作業で!? そんなすごいデータをタダで使わせてもらえるなんて、ありがたいですね。もっと活用しないともったいないです!

【A】まったくその通りです。

●「表層地盤増幅率」「微地形区分」の調べ方
「表層地盤」タブを選択したまま拡大率を上げ、調べたい地点をダブルクリックします。すると別ウィンドウで、微地形区分、地盤増幅率を表示させることができます。

vol5_3

【A】このように、地盤のゆれやすさは、工学的基盤の深さや増幅率、構成物質などさまざまな角度から調べることができることがわかったかと思います。

【J子】はい。揺れやすさには、いろんな要素が関係していることもよくわかりました。

【A】ぜひ、みなさんも、いま自分がどんな地盤の上で暮らしているのかを、J-SHIS Mapで確認してみてはいかがでしょう?

関連記事