2014年02月21日

【加藤】1月にさきほど話したRace for Resilienceのアイデアソンを僕が取材して来たのだけど、元々それは開発途上国の防災に対してITで何ができるかということだったんだよね。インドネシアの班、マレーシアの班というように、担当する国が決まっていて、アイデア出しをやるんだけど、基本的にはそういうところってITが未成熟だったりする。スマホの普及率とか、インフラの脆弱性とか、その時にどういうことができるのか、また、災害はその国によって変わるから、地震が多いのか、河川の氾濫なのか、ハリケーンが毎年来るのか、それはグローバルに広げるから視えることだけど、日本の国内だけを見たってそういう部分はある。

【畠山】やっぱり防災やる時は、できるだけシンプルなモノとか方法があってると思うんですよね。だから、何もモノがない途上国のアイデアとか、すごく良いかも知れないです。3.11のときは電話のかわりにtwitterとかが大活躍したので、そういうツールももちろん大切なわけですが、みんながみんなそういう機械が使えるわけではないと思うんです。たとえばこの辺の高齢の方は携帯電話を持ってない人も多いですし、そもそも私が住んでいる家は電波が届かないです。おそらく連絡を取るとしたら固定電話だけど、固定電話って家にいる時しか出ないから、畑とかに出ていたら連絡が取れません。そういう時に何で連絡するかと言ったら村内放送。ここはコミュニティがしっかりしていて、お宮行事や海岸清掃の案内が全部村内放送から流れてくるんです。多分、この場所は何かあったらきっと村内放送が入るんだろうなと思います。

【加藤】でも全く同じ話を開発途上国の話でもしていたよ。教会を起点に情報を流すとか、川伝いに狼煙みたいに伝えていくとか、インフラが限られていると、普段使っている通信手段を活用しようという話になる。

【畠山】スマホとかを筆頭に、現代技術って電気ないと動かないじゃないですか。3.11のときとかも電気が来ないだけでそういうものが役に立たなくなったときありましたよね。

【加藤】そこが千春の防災の出発点だよね。

【畠山】そういったものに頼りすぎずにいかに生き延びるかということだと思っています。

【加藤】僕も東北で地震があったという一報は、たまたまラジオを聴いていた近所のおばちゃんに教えてもらったからね。インターネットじゃなかった。「コースケくん、東北で地震らしいわ」という。

【畠山】アナログですね。

【加藤】実家だからご近所付き合いがあったのと、地震と同時にうちの地域は水道・ガス・電気、止まったから。

【畠山】そうですよね。防災ってすごくシンプル。

【加藤】シンプルというのともう一つ、「うまくやっても褒められないんだけど、失敗すると怒られる」ということだったりして、人の命に関わるからそうなんだけど。消防も警察もそうだろうし。多分、千春の防災も何も起こらなければ、なんの役にも立たないと言えば、そうとも言えるのだけど、逆にこれからの時代はそれだけじゃなくて、防災対策をやっていること自体、準備しているということ自体が、世に広まっていくことによって、意味が出てくるのではないかと思う。

【畠山】防災のことをやっておいて損はないと思いますよ。さっきも防災とコミュニティづくりはすごく似ているというお話をしましたけど、お互いがどう助け合うかということをずっと話し合うわけですから、防災をやればやるほど、絆が深まると思っています。

【加藤】それは災害起こる起こらない関係なく、ということだ。だからコミュニティが直面し得る課題の一つとして災害を抱えていて、そこをどうしようかと話し合っていくこと自体がコミュニティの力になるってことだろうな。

【畠山】原発事故が起こったらどう逃げますか、というアンケートが回ってきた時、胸が苦しくて。お宮行事のときに皆で公民館に集まって、ひとしきり仲良くご飯食べたあとに、さらりと最後にアンケートが配られたんです。豊かな自然があって、美しい棚田があって、温かい人たちが住んでいるこの地域には、原発のことなんて忘れてしまいそうなくらい穏やかな暮らしがあるんです。でもこの日常の中に、間違いなく原発があるんだなって実感して。ここの人たちは「先祖代々受け継いだ土地だから」ってこの場所をとても大事にされているんです。もしここになにかあったら…と考えるだけで、胸がギューッとなって、悔しいなと思います。

【加藤】なるほど。

【畠山】でも、ここに住むからにはこの問題とずっと付き合っていかないといけないですよね。だからこそ、悔しいとか悲しいとかそういう気持ちだけで取り組みたくなくて。避難訓練と家族旅行を一緒にしてみたり、他の地域コミュニティと提携してみたりと、あくまでも楽しみながら防災が出来たら良いなと思っています。今回お話して、改めて私たちもしっかり防災に取り組んでいこうという気持ちが強まって良かったです。それとやっぱり、私の言いたいことは、先に挙げた堀潤さんの映画を観た時にFacebookページに書いたことが全てかなと思います。

わたし、解体はじめました ─狩猟女子の暮らしづくり─
畠山千春
木楽舎
売り上げランキング: 437

畠山 千春 / 暮らしかた冒険家

新米猟師・ライター。311をきっかけに大量生産大量消費の暮らしに危機感を感じ、自分の暮らしを自分で作るべく活動中。2011年から動物の解体を学び、鶏や合鴨を絞めて食べるワークショップを主催。2013年に狩猟免許を取得し近くの山で狩りを始める。獲物の肉を食べるだけでなく、軟膏、薬作りや皮なめしもあわせて勉強中。現在は食べもの、エネルギー、仕事を自分たちで作る糸島シェアハウスを運営している。
http://chiharuh.jp

関連記事

江口 晋太朗 / 編集者 / ジャーナリスト / NPO法人スタンバイ理事

今日、防災について考えるにあたって、欠かすことのできないものが「情報」です。編集者、ジャーナリストでNPO法人スタンバイ理事でもある江口晋太朗さんに、防災とジャーナリズムについて改めてお話をいただきたい、というのが今回の […]

詳細を読む

小泉瑛一 / 株式会社オンデザインパートナーズ / 一般社団法人ISHINOMAKI 2.0 理事

株式会社オンデザインパートナーズ、一般社団法人ISHINOMAKI 2.0理事の小泉瑛一さんは、震災直後から東日本大震災の被災地、宮城県石巻市に入り、ほぼ常駐に近い形で、現地の方々をはじめとした様々な方々と一緒になってま […]

詳細を読む

鈴木 良介 / 株式会社野村総合研究所 ICT・メディア産業コンサルティング部所属

株式会社野村総合研究所ICT・メディア産業コンサルティング部の鈴木良介さんに寄稿いただきました。鈴木さんは『ビッグデータビジネスの時代 堅実にイノベーションを生み出すポスト・クラウドの戦略』のほか、ビッグデータに関する執 […]

詳細を読む

渡邊 享子 / 日本学術振興会特別研究員 / ISHINOMAKI2.0

渡邉享子さんは、研究者でありながら、東日本大震災以降、ISHINOMAKI2.0のメンバーとして、石巻に居住しながら実践的なまちづくりに取り組んでおられます。その石巻での活動を踏まえ、社会(コミュニティ)と環境のデザイン […]

詳細を読む

ユレッジからのお知らせお知らせ一覧へ

渡部 慶太 / (特活)石巻復興支援ネットワーク 理事

「復興は進んでいますか?」そういう質問をたまに耳にすることがあります。石巻復興支援ネットワーク 理事の渡部 慶太さんに寄稿いただきました。2011年以前と以降で東日本大震災は社会起業と呼ばれていた世界にどう影響を及ぼした […]

詳細を読む

江口 晋太朗 / 編集者 / ジャーナリスト / NPO法人スタンバイ理事

今日、防災について考えるにあたって、欠かすことのできないものが「情報」です。編集者、ジャーナリストでNPO法人スタンバイ理事でもある江口晋太朗さんに、防災とジャーナリズムについて改めてお話をいただきたい、というのが今回の […]

詳細を読む

小島 希世子 / 株式会社えと菜園 代表取締役 / NPO農スクール 代表

ユレッジでまだ食べることと防災のことについて扱っていないという時に、ご相談することにしたのがえと菜園代表取締役、NPO農スクール代表の小島希世子さんでした。著書『ホームレス農園: 命をつなぐ「農」を作る! 若き女性起業家 […]

詳細を読む

松下 弓月 / 僧侶

僧侶の松下弓月さんに寄稿いただきました。ユレッジで、防災と心のケアについて、という難しいお願いに辛抱強く取り組んでいただきました。防災における仏教の役割を、現実的な解として、提示いただけたと思います。 こんにちは。僧侶の […]

詳細を読む

高橋 憲一 / Hack For Japan スタッフ / イトナブ理事

震災から3年余りを過ぎて、ITと防災の分野で、ここまで行われてきたことを振り返って俯瞰し、これからの取り組みの見通しが効くようにしたい、それがHack for Japanの高橋憲一さんへのお願いでした。テクノロジーの未来 […]

詳細を読む

鈴木 さち / 東北大学大学院工学研究科都市・建築学専攻博士課程後期1年 / RAW

東北大学大学院工学研究科都市・建築学専攻博士課程後期1年の鈴木さちさんにRAW(リスク&アーキテクチャー・ワークショップ) 石巻をレポートいただきました。イベント・レポートのみならず、そこに至るまでの経緯も含めて、丁寧に […]

詳細を読む

畠山 千春 / 暮らしかた冒険家

2011年3月11日の東日本大震災、その後の原発事故。誰しも、とは言いませんが、一瞬「今、住んでいる場所を離れる」ことを考えた人は多いのではないでしょうか。ユレッジでは糸島シェアハウスに住む、暮らしかた冒険家、畠山千春さ […]

詳細を読む

野田 祐機 / 公益社団法人助けあいジャパン 代表理事

公益社団法人助けあいジャパン 代表理事の野田 祐機さんに寄稿いただきました。全国47都道府県から2,000人もの学生を東北へ連れて行く「きっかけバス」。復興や防災を自分ごとにするための助けあいジャパンのプロジェクトです。 […]

詳細を読む

小泉瑛一 / 株式会社オンデザインパートナーズ / 一般社団法人ISHINOMAKI 2.0 理事

株式会社オンデザインパートナーズ、一般社団法人ISHINOMAKI 2.0理事の小泉瑛一さんは、震災直後から東日本大震災の被災地、宮城県石巻市に入り、ほぼ常駐に近い形で、現地の方々をはじめとした様々な方々と一緒になってま […]

詳細を読む

鈴木 良介 / 株式会社野村総合研究所 ICT・メディア産業コンサルティング部所属

株式会社野村総合研究所ICT・メディア産業コンサルティング部の鈴木良介さんに寄稿いただきました。鈴木さんは『ビッグデータビジネスの時代 堅実にイノベーションを生み出すポスト・クラウドの戦略』のほか、ビッグデータに関する執 […]

詳細を読む

三橋 ゆか里 / ライター・記者

ライターの三橋ゆか里さんは、日本のみならず、海外のWEBサービス、アプリ、スタートアップ事情にも精通しており、様々なメディアに執筆されています。ユレッジではテクノロジー企業やスタートアップが、災害時、また、防災に、どのよ […]

詳細を読む

2013年06月19日更新

「その時Webが出来ること」

和田 裕介 / 株式会社ワディット代表取締役 / 株式会社オモロキCTO

和田裕介さんは、人気サイト「ボケて」を初めとした、様々なWebサービスを手がけるエンジニアです。和田さんには震災を受けて、自身が開発したWebサービスを振り返りながら、自分自身の経験と、これからWebサービスが防災に果た […]

詳細を読む

渡邊 享子 / 日本学術振興会特別研究員 / ISHINOMAKI2.0

渡邉享子さんは、研究者でありながら、東日本大震災以降、ISHINOMAKI2.0のメンバーとして、石巻に居住しながら実践的なまちづくりに取り組んでおられます。その石巻での活動を踏まえ、社会(コミュニティ)と環境のデザイン […]

詳細を読む

松村 太郎 / ジャーナリスト、著者

ジャーナリストの松村 太郎さんは、現在、アメリカ西海岸を中心に活躍されています。ユレッジには今年3月、被災地を取材したことを下地に、震災の記録と記憶の情報化について、またそこにある「学び」についての示唆をいただきました。 […]

詳細を読む

2013年04月09日更新

「ユレッジとは?」

加藤 康祐 / 株式会社イーティー 代表取締役社長 / プランナー

ユレッジは、日本の「揺れやすさ」と地震防災を考えるサイトです。 ユレッジは: 揺れの「ナレッジ」(知)が集まるメディアであり、 揺れについて学ぶ「カレッジ」(学び)であり、 揺れと日々の暮らしの関わりを考える「ビレッジ」 […]

詳細を読む

防災に関わる私が『想像ラジオ』を無視できない3つの理由 あじー なぜいま、災害作品レビューを書くのか 東北地方太平洋沖地震の発生から5年が経ちました。私たちは震災を契機に地震や災害とどう向き合うべきなのか?いまだ確実な答 […]

詳細を読む

アイデアの実現可能性、そして、ハッカソンという方法論によるそのアイデアの実現可能性、それらが地震防災にどう役立つのか。ユレッジではアイデアソンに続き行われた「Race for Resilience」のハッカソンを、スター […]

詳細を読む

第3回:Blabo! × ユレッジ コラボ企画 世界一地震が起こる日本を、世界一被害が生まれない国にするための防災アイデアレビュー 【A】前回ご紹介したJ-SHIS Mapで断層情報が見れる件、関西在住のお友達に教えてあ […]

詳細を読む

'